• 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
JUN's Blog
ボーカルJUNちゃんの音楽奮闘記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : 未分類
1/21(土)瑞江Hotころっけ、ランチライブ
DATE : 2006-01-23-Mon Comment 2
大雪です。
前日から心配していたけど、見事に大当たりです。
宇都宮を出る時はまぁまぁ降ってたんだけど、
電車を降りたら、、、都内の方がすごい降り(@@。
「こんな雪の中来てくれるお客様がいたら、こちらが御馳走しなきゃね~」
「今日は練習会ということで~」
などと、まなみマンさんと話ながら。。。

レパートリーが少ないのに、ライブの回数が多かったので、
準備が間に合わず新曲は1曲だけ。
レッスンなどで新たに加わった曲もあるが、ぴんとこない。
その曲のどこを聴かせたいのか、固まらない。
自分の歌にならない。
そうなると、ちっとも歌う気持ちにならないのだ。
ちょっと、行き詰ってる。
自分がこうして行き詰ってる以上、
メンバーに足を運んでもらうのは申し訳ない。
ましてや、こんな雪の日に。
これで良いのか悪いのか、からくていい、アドバイスがほしい。
満足して演奏してくれているの。。?

Jazzはセッションが基本。
プレイヤー同士の個性のぶつかり合いで、
50年以上も演奏され続けている曲も、見事に新しい表情を見せる。
Jazzセッションの面白いところはそこだと思う。
特にスタンダードは、新たな個性、挑戦、発見がないと、、
新鮮さを失ってしまう。
過去のヒット曲をただ演奏するだけになってしまう。

J’sのいいところは、ほとんどのメンバーがJazz出身でないところだと思う。
中途半端と言われればそれまでだが、
ポップスでも柔軟に対応してくれるし、
そこここに顔を出すポップさやロックっぽさが、私らしいと思うのだ。
難しい曲は歌いたいと思わない、ってゆうか、歌えない。
昨年のJazzyも前回のアペリティーボも、集まってくれる私のお客様は、
何処かで耳にはしてはいても意識的にJazzを聴いてきたお客様ではないし、
これからも、そういう人達の初めて触れるJazzにふさわしい
わかりやすいものでありたい。
お年寄りにも、子供達にも、
楽しんで親しんでもらえるJazzでありたいと思うのだ。
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
預金、融資はろうきん
| URL | 2008-09-11-Thu 05:47 [EDIT]
ろうきんの検索サイト。近畿ろうきん、住宅ローン、東海ろうきん、中国、長野などろうきんに関する各種情報をお届けしています。 http://fatling5.shipsparesandrepairs.com/
ツバキオイルでダイエットに挑む
| URL | 2008-10-12-Sun 18:07 [EDIT]
ツバキオイルとは、古くから日本の女性に愛用されてきたオイルです http://dabster.consultsmartz.com/
Copyright © 2005 JUN's Blog. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。