• 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
JUN's Blog
ボーカルJUNちゃんの音楽奮闘記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : わたし
甘くて溶けそうな Hug&Kiss
DATE : 2005-12-20-Tue  Trackback 0  Comment 1
「甘くて溶けそうな Hug&Kiss..」
高校からの親友が、気が向くと自分のプロフィールに書く「好きなもの」。
他にもた~くさん「好きなもの」が書き並べてあるのだが、ホント彼女らしいw。

私も、好きです。。。

特にHugは、そこに「帰り着きたい」様な、
郷愁に似た気持ちにさせる。

なぜかな…
子供の頃、両親が不仲だった私は長女だった事もあって、我慢する子だった。
欲しいものも…したいことも…口にしてはいけない事だった。
誰にそう言われたのでもなく、そうしなければ、
母を苦しめると思っていたから。
だから、甘えたいときに甘える事が、私には、ひどく難しい事だった。

恐い夢を見て夜中にひとり目を覚まし、近くに寝ている母を見つけて安心する。
母の布団にもぐりこみたい気持ちになるけど、そこには弟や妹がすでにいたから、
お姉ちゃんなのに、そんな事を言ったら、
「いけない」って…必死の思いで、泣きながら我慢した。

私には「許されない“もの”」「ない“もの”」「欲しいと思ってはいけない“もの”」

子供の頃って、悲劇のヒロインになりたいものだからね。。。
とことん自分を追いつめてしまうのよ。。。

Hugされると…
「甘えてもいいよ」って…
「触れてもいいよ」って…
許されたような気持ちになる。。。。

Hugは、その時の「本当は欲しかったもの」を思い起こさせて、
私に、「帰り着きたい」気持ちにさせるのだ。
きっと、そうなのだ。


私を口説きたいなら「甘くて溶けそうな Hug&Kiss」を(笑)誘惑に弱いのよ。。。

なんちゃって~(笑)
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ケア・修理用品・電池
| URL | 2008-09-16-Tue 15:22 [EDIT]
ケア・修理用品・電池を探すなら http://www.mikefannon.com/216129/302178/

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 JUN's Blog. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。